意外と知らないお葬式と49日の関係性

意外と知らないお葬式と49日の関係性 自分の親など、近親者が亡くなればお葬式を取り仕切るのは家族です。通夜や告別式といったお葬式を仕切り、弔問に訪れた方々に挨拶を行います。このような日々が終われば遺族としての役割を終えると考えている人もいますが、実際には法要は数多くあり、まだまだ遺族として仕切らなくてはいけない行事があるのです。中でも最初に訪れる行事が49日の法要です。お通夜と告別式が終わったあと、故人のご遺体は火葬されて荼毘に付されます。その後、自宅に置かれ、49日の法要とともにお墓に入ることとなります。つまりこの日は納骨を行なう日でもあるのです。

そのため、お葬式が終わったあとも即座に終わりではなく、このように遺族としての立場は継続します。さらに言えば49日以降も一周忌法要や三回忌法要などもありますが、まずは49日という節目に向かって準備を行い、無事に故人を成仏に導きましょう。しかしながら、49日はただ納骨をすればいいだけの法要ではありません。この49日にも様々なルールがあるので、これから準備をする際にはそれらのルールに関しても同時に覚えておきたいものです。また、49日に呼ぶ人に関しては遺族が決めることが多く、基本的には親戚のみとなっています。ただし、それ以外の方々が参列してくれる場合もあります。

そして、法要自体は納骨を伴うために、霊園や墓地、お寺などで行なうこととなるので、こうした場所の確保や住職との打ち合わせなども行なっておきたいものです。さらに法要後の食事の場を確保したり、返礼の品物を用意するなど、49日を行なうにあたって遺族が準備しないといけないことはたくさんあります。そのため、それらの準備も同時進行で進めていきましょう。

いずれにしても納骨をしなければいけないので、49日の法要はしっかりと行ないたいものです。ただし、こうして様々な準備がありますし、ルールも存在します。さらに、同じ仏教であってもそれぞれの宗派によってルールは異なっています。また、地域によってルールに違いもあるのです。そのため、こうしたことも考慮しながら準備を進めていくことが大切です。通夜や告別式といったお葬式の際には葬儀業者がすぐそばにいるので、適時的確なアドバイスを求めることが可能です。しかし、49日の際には遺族のみでこうした準備を行なっていかないといけないため、当日になって慌てないように自分たちでしっかりと情報を調べて準備しておきましょう。

最新ニュース